フィルムカメラとデジタルカメラの違い

フィルムカメラとデジタルカメラの違いとは?

現在はフィルムカメラよりもデジタルカメラの方がシェアが多くなってしまいましたが、一昔前はフィルムカメラが主流の時代がありました。

 

フィルムカメラの時代も写真やカメラを趣味にする人も多く、人気がありましたが時代とともに手軽さに軍配が上がるデジタルカメラにシフトしていきました。

 

しかし、未だにフィルムカメラにこだわる人がいるのも事実です。
フィルムカメラはただ単に回顧的な志向によって使われているのではなくやはりそのよさを感じて使われています。

 

今回はそういった、フィルムカメラとデジタルカメラの違いについて書いていきたいと思います。

 

フィルムカメラとデジタルカメラの違い

 

媒体の違い

まず、フィルムカメラとデジタルカメラの大きな違いはやはり画像を記憶する媒体が違うということです。

 

フィルムはネガもしくはポジと呼ばれて、一般的にはネガフィルムが多く使われています。

 

フィルムはデジタルの扱いと違って、フィルム塗られている銀が光に反応して映像を焼き付ける方式がフィルムカメラの撮影の仕組みです。

 

デジタルカメラはデジタルデータとして映像を記憶することからこの特徴が決定的な違いといえます。

 

デジタルデータは当初、画素数が荒く、決め細やかで滑らかな写真はフィルムの方がいいと言われましたが、最近はデジカメの画素数もすでに肉眼では差がないほどのレベルに達しているのでその差はなくなりつつあるといえるでしょう。
またフィルムカメラでの撮影は一度、フィルムに焼き付けるとデジタルカメラのように消去したり、撮りなおしはできません。

 

デジカメは編集が容易

他にはデジタルデータはすぐにパソコンに取り込んで修正が簡単にできていしまいますし、撮影に少々失敗してもデジタル修正に便りがちになってしまうというのもフィルムカメラとは違います。
確かにフィルムカメラもデジタルデータに置き換えることはできますが、基本的には印画紙にプリントしてそのできばえを評価するのがフィルムカメラの特徴といえるでしょう。

 

それゆえにフィルムカメラは1枚1枚真剣勝負でシャッターを押すという感覚で撮影をしなければなりません。

 

これは何を意味するかというと、1枚1枚の重みや思い入れが違うのです。1枚の重みがシャッターチャンスの集中度や映像を切りとる構図の審美眼などが格段に研ぎ澄まされて撮影に挑むことになります。

 

デジタルカメラは大量に気軽にシャッターを押すことができるがゆえに、一枚一枚質の高い撮影がフィルムカメラにはなかなかかなわないといえるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ