使い捨てカメラは優れている

使い捨てカメラの魅力

もしかしたら「使い捨てカメラ」という物自体を知らない、見たことがないという人も若い世代の中にはいるかもしれない。
それぐらい、写真はデジタルで撮るということがすっかりと浸透してしまった。
それでもなお、この使い捨てカメラに魅力を感じ、使い続ける人もいるのは何故だろう。

 

この10年程で、写真にさほど詳しくない人でも「コンデジ」ことコンパクトデジタルカメラを持ち歩く人は急激に増えた。
さらにここ数年は、コンデジを持たない人であっても、日本人の大半の人が「毎日」カメラを持ち歩く時代となった。

 

スマホで誰もがカメラを持つ時代に

そう、スマホの登場以降、誰でも何時でも何処でも、気軽に画質の良い写真を撮れるようになったのだ。
デジタル化された写真データはSNSにも簡単にアップすることができ、簡単にみんなと共有もできる。
一世を風靡した使い捨てカメラも、爆発的に普及したスマホの台頭により、日常はもとより旅先でもわざわざ使い捨てカメラを買って写真を撮るということがすっかり減ってしまった。

 

スマホやコンデジ等のデジカメは、撮ったその場で写真が確認・共有できたり、いつでも気に入った写真を持ち歩いたり見返したりすることができるのが大きな魅力だ。
それに比べて使い捨てカメラで撮った写真は、まず「現像」という工程を経なければならない。
撮ったその場で情報を共有したい現代人にとっては時間が命。
とても現像・プリントの手間などかけていられない。
それでも、使い捨てカメラには魅力があるのである。

 

今だからこそ使い捨てカメラを使おう!

 

最近、「カメラ女子」などの言葉も浸透するほど、本格的なカメラで写真を楽しむ愛好家も増えている。
長年写真を趣味に高額なレンズを揃えて写真を撮りに出かける年配男性ほどではなくても、ちょっと手を伸ばせば高性能な一眼レフやミラーレス一眼が手に入るようになったからだ。

 

写真を撮ることが趣味の人というのは、カメラそのものが大好きという人も多いし、当然のことながら「撮影する」という行為そのものがたまらなく好きなのである。

 

故に、とっておきのお気に入りの一台として、ハイクオリティな画質で撮れる高価なカメラも持ちつつ、昔ながらのネガフィルムで撮る写真の魅力もやはり捨てきれないのだ。

 

使い捨てカメラの最大の魅力はやはり、

 

「どんな写真が撮れたかプリントするまで分からない」

 

ということだろう。

 

現在の流行と全く逆行する持論ではあるが、使い捨てカメラを今もなお愛好する人にとっては、「仕上がりが分からない」ことこそが魅力なのである。
もちろん、ただ単にデジタルが苦手で、今でも使い慣れた昔ながらの使い捨てカメラの方がいいという理由で使っている方もいらっしゃることだろう。

 

しかし、デジタルで溢れた今の時代にあえて使い捨てカメラを使うことにより、驚くほど一回一回のシャッターを大事にきっていることに気づくのである。

 

使い捨てカメラは枚数に限りがあるし、写真屋さんでは失敗したものも含めてプリントされてしまうため、一枚の写真の重みがデジタルのカメラと全く違うものになってしまうのである。

 

写真一枚の重みが分かるのがフィルムカメラ

撮る対象を思いっきり愛でることにも繋がる。
最高の瞬間を収めてやろうという欲にも繋がる。
どんなものが写っているのがプリントを楽しみに待つワクワク感にも繋がる。

 

一見面倒だと思うようなこれらのことを少しでも「楽しい」と思える方なら、デジタルが主流の今だからこそ、あえて使い捨てカメラをもう一度使ってみてほしい。

ホーム RSS購読 サイトマップ